ウルトライベント日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「東京の王様」プロデュースby劇団レッドフェイス

<<   作成日時 : 2008/06/26 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

朗読劇・・・、って何?ケイイチを連れてワクワクとドキドキの中行きました・・・。

画像南翔太さんのブログで舞台出演は度々紹介されており、行こうかどうしようか迷って居ました。前回は行けなかったので、今回はちょっと無理してでも行きたいって思い行く事に。普通の舞台なら、ケイイチも何度か見ているから良いのですが、今回は朗読劇・・・。パパも初めての舞台です。
朗読劇と言うからには、朗読を観る訳ですが、その中にどれほどの面白さや感動があるのかが解りません。ケイイチも動きがあれば、見入るかもしれませんが、朗読だと、へたすりゃ寝るかも・・・。と、ある意味ドキドキの中連れて行く事になりました。

画像
南翔太さん、言わずとしれた「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」の主役のレイを演じている方です。大怪獣バトルの中では、記憶を失っっていた事もあり、かなりクールに演じられていましたが、実の南さんはかなりポジティブキャラらしく、大怪獣イベントの時もレイともちろん重なるんだけど、明るいレイにパパ的には好感度大でした。そんな南さんがレイ以外を演じる姿を見たい!っていうのが今回の目的です。
ちなみにケイイチにはかなり無理がありますが、レイが演じているって事になっております。ケイイチはとってはレイはレイで「南さんってだれ?」となっており、呼びかける時も必ず「レイ!」って呼びかけます(この時もそうでした(笑)
ちゃんと答えてくれる南さんは優しかった〜。

今週の週末は一大イベントがあるので、行くなら平日の夜公演しかありません。なので、金曜日の夜の公演を見に行く事にしました。とにかくチケットをとらなきゃって思い、ネットを探してメールすると、直ぐに返事があり、対応して下さった方がメチャクチャ丁寧で優しい方で、もうそれだけで感動し、行ける事に楽しさが出てきました。

画像直前に行く事を決めた為にチケットのやりとりをしている時間はなく、当日受付にてチケット購入となりました。既に予約はされているので心配はいりません。それにしても「受付で南さん付けで・・・」と言って下さいと言われて、「えーーー!」いいの?って思ってしまった。何だか、南さんの知り合いの様な感じで受付に行くだなんて・・・、「どの様なお知り合いですが?」と言われたら「あっ!いや・・、大怪獣繋がりです!」って答えるしかないなと心に決めていました。多分通じるだろう・・・。

画像公演開始は午後7時です。開場は30分前の午後6時30分です。パパは会社を定時で終わらせて、速攻で自宅へ戻り、ケイイチをかっさらって、車で港区の芝へ向かいます。場所はスターワールド学院という俳優、声優を育成している学校の1階です。解りやすく言えば、慶応大学の近くで、NEC本社ビルのほぼ真下です。帰りを考えて車で行きましたが、駐車場が無いです。5分以上探し回ってようやく見つけました。何とか車を停めて、さあ行こうと思うと、既に隣のケイイチは寝ています・・・。何とか起こして行かせる事に。

場所は直ぐに見つかりました。開場時間から少し早いです。既に廻りには開場を待つお客様は何人もいらっしゃいます。しばらく待っていると開場となりました。受付に「南さん付けで」というと「あーー、伺っています」と言われ、直ぐにチケットを出して頂けました。ちょっとだけ、南さんを身近に感じられました(笑)
ケイイチは受付の綺麗な女性の方に「良く来たね〜」と言われて、何だか照れ照れです。
中はかなりのスペースで客席は120席位かと思います。席は自由席でどこに座っても良いとのこと、既に先に入場している方達はなぜか後ろの席に座っているので、最前列が空いてます。ケイイチの事もあるので、一番前の席に座る事にしました。始まりまで30分位あるので、どうしようかと思いましたが、そのまま席で待つ事にしました。
開演時間が近づくにつれ、開場は人がどんどん入場し、しまいには通路に席を作り、更には最前列だと思っていた席の前に更に1列作る事になりました。スタッフの方がケイイチを気遣って、更に作った新たな最前列に誘導してくれました。気が付けば、もう一部溢れている状態のお客様の多さにビックリです。

画像
お客様の席の確保などに手間取り、午後7時を少し廻ってからの始まりとなりました。舞台にはひな壇になっており、それぞれの段に椅子が置いてあるだけです。もう見るからに朗読劇です。新たに作られた最前列は舞台より更に下に位置する為に、ケイイチにとっては見づらくなりましたが、それでも舞台のセッティングに何だか神妙な面持ちです。始めに劇団レッドフェイスの主宰の俳優の「咲輝(サカキ)」さんからのお話しがありました。この時は気が付かなかったけど、この咲輝さんは仮面ライダーキバの第7〜8話に登場のレストラン店長の犬飼伯爵ことプロールファンガイアを演じられていました。この時気が付いていれば・・・。だって、この舞台の時、格好良すぎるだもの・・・。

舞台には全員が登場し、これぞれの指定の椅子に座って行きます。そして南さんの登場です。ケイイチは直ぐに気が付いていますが、パパに「レイだね」って言う事もなく、じーーっと南さんと廻りの役者さんを見ています。役者さんは全員白の洋服で統一され、台本?持っています。

画像ストーリーは割愛しますが、これは朗読劇ではなく、普通の舞台に見えました。だって、あり得ない位の演出で、表情で、アクションで、音響で、素晴らしい演出でした。2時間弱かな?に及ぶ舞台は最後には涙、涙で終わる事なりましたが、人の繋がり、一期一会を改めて大事だなって思い、それぞれ誰しも自分の物語を奏でているなんだな〜って感動しました。
ケイイチも終始、見入って全然眠くなることなく、南さんのシーンになると、何故か笑いのシーンが多く(笑)「ケラケラ」と笑って会場の笑いを先導していました。
南さんの役は、お金持ちのおぼっちゃま役の「ジョニー若狭」との役で、何かにつけて「ママ〜」と甘えている様な、そして実は結構大事な役所でした。相当、自分でアレンジしていたのか、笑いをエスカレートさせすぎ感はありました(笑)
期待通りに大怪獣バトルのレイとはあまりの違う役所に、うーーん凄い!って思いました。ケイイチは「レイのジョニー面白いね〜」と大満足の様子。
最後は改めて「咲輝(サカキ)」さんの挨拶と、一人一人の紹介がされ、一人一人にねぎらいの一言がついていました。南さんにはちょっと暴走し過ぎみたいな事をおっしゃっていた様な気がします(笑)

画像

画像そして、退場となりました。南さんと触れ合いタイムはあるかな〜って思っていたら早速舞台から、「良く来てくれたね〜」と南さんが来てくれました。パパもケイイチも大興奮。先日のおもちゃショーの事も覚えて下さっていました。お写真をお願いすると、何と舞台に上げてくれました。他役者さんも来て頂き、ケイイチの話し相手となってくれました。皆さん優しい方ばかりで、ケイイチの「レイって凄いんだよ〜」に耳を傾けてくれています。
南さんはケイイチのバトルナイザーを見て「何育ててるの?」とか、いっぱいお話ししてくれ、もう嬉し涙が出ちゃう位でした。何度も丁寧にお礼を言い、蓼沼千晶さん、笹沢裕子さんにもお礼を言いました。

そして、パパはこの「東京の王様」を作り上げた咲輝さんにも、ファンの方達が一段落してから、ご挨拶し握手して頂けました。劇団レッドフェイスを率いて、また舞台やテレビなどでの活躍を期待します。

外に出て、舞台の素晴らしさと南さんの優しさ、咲輝さんを始め役者さん達の優しさにパパもケイイチも興奮冷めやらぬで、自宅へ帰りました。帰ってからのママとミユへのお土産話はそりゃ尽きる事無かったです。
南さんの今後の舞台は見逃せません!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 レイ・・とても良い方なんですねぇ?親切で・・・。前回のことも覚えていてくれて・・・凄く南さんを身近に感じて益々ファンになられたことと思います。
 こちらでも「市民芸術村」というところがありまして、以前スタジアム休館中にスピカブログで「千晴」さん「エコ隊員」がボイスアクトレス?として出演されると聞いて子供も連れて行きました。こちらでも「千晴さんの分で・・」と伝えると「割引」にしてくれましたよ!日中の公演がありましたので参加しました。「あらしのよるに」という有名なお話。やはり岩山のようなセットがあって、各動物のお面がかけてあり、皆さん黒い服をきて・・主人公は羊(白い服)でしたが・・・台本片手に動きながら読んでいきます。

 急に暗くなって雷鳴にむすめは驚いてましたが・・・
 娘には良い経験でしたが少し難しかった?かな・・でした。
みぃ パパ
2008/10/01 23:44
今年はケイパパさんファミリーはウルトラつながりで舞台にも進出してますね!
ケイイチくんにとっても貴重な経験だったのではないでしょうか。
そして、東京おもちゃショーは内容てんこ盛りだったんですね!これも見に行きたかったなー!りょうこお姉さんも最後の時間まで大活躍だったんですね!
清水
2008/10/02 23:50
一度だけ朗読劇を観て、寝てしまったstudio7です。
ウルトラな俳優さんて、皆さん子どもたちの夢を大事にしてくれるんですね。回りにいる俳優さんたちもそれに合わせてくれるのも素敵です。

ケイイチくんもアクティブなパパのおかげで微妙にウルトラを絡めつつも色々な体験をしてますね! うらやましい!
私もケイパパさんの子どもに生まれればよかった…。今からでも養子縁組をお願いします。

それにしてもケイパパさんはお芝居を観るたんびに我が子をかっさらっているような…。やっぱり養子縁組の話はなかったことにしてください。

studio7
URL
2008/10/02 23:59
みぃ パパさまへ
いつもいつも速攻コメント有難うございます。
亀レスで申し訳ありません。レイや非の打ち所が無かったです。更に俳優として、新たな一面を見れて、逆に嬉しかったです。こんなレイを見れるのはここだけな気がする・・・(笑)
チームスピカのあらしの夜にですか・・・、今でも見たいって思います。聞いた所によると、今回の朗読劇と同じような感じかもしれませんね。
今週末は待ちに待ったです。スタジアムへ伺いますね〜。
ケイパパ
2008/10/07 23:21
清水さまへ
いつもいつも暖かいコメント有難うございます。
最近、ウルトラ繋がりで舞台に行くことも多くなりました。もともと嫌いではなかったので、良いきっかけになっていると思います。ケイイチも色々と刺激を受けているみたいで、良いのか悪いのかの判断はつきませんが、良い事だったと思えるように接していきたいですね。
おもちゃショーのりょうこお姉さんは大活躍でした。こっちも新たな才能の一面を見れて嬉しかったです。
ケイパパ
2008/10/07 23:25
studio7さまへ
いつもいつも「かっさらっている訳ではないんです・・・」と、言い訳を言いたくなるようなコメント有難うございます。
ケイイチサイズだと、未だに小脇に抱えられるのは良いんですよ・・・。ウルトラを通じて、色んな世界を見せさて貰っている気がします。もちろんパパも。
ウルトラの繋がりなだけに、とっても興味のある事に変身しちゃうんですよ〜。タイプチェンジみたいに・・・(笑)
俳優さん、女優さんって、夢を与える職業なんですね・・・。だから思いやる気持ちが人一倍強いのかな〜って思います。
ケイパパ
2008/10/07 23:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「東京の王様」プロデュースby劇団レッドフェイス ウルトライベント日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる